オーダーカーテンの採寸方法・仕様の決定

オーダーカーテンの採寸方法・仕様の決定

Measurements

カーテンの採寸方法・仕様の決定

1.カーテンのカタログ・品番を指定ください。

 

[例:ストリングス SC3057 LP仕様(形態安定・ライトプリーツ)]

2.仕上りサイズ巾(W)×丈(H)をcm単位でご指定ください。

 

[例:巾214cm丈179cmカン下寸法]

●採寸した窓サイズをもとに、カーテンの仕上り巾(W)と仕上り丈(H)を計算してcm単位でご指定ください。

カーテンの仕上り巾について
・LP仕様(形態安定加工)、SA仕様(形状記憶加工)の場合→カーテン仕上り巾(W)=レールの長さ×1.05~×1.07
・SS仕様の場合→カーテン仕上り巾(W)=レールの長さ×1.05

●仕上り丈については、ランナーの穴下部より測るカン下寸法より計算ください。(見積帳や、お仕立上り価格表は全てカン下寸法で表示してあります。)
カン下と総丈の関係は、下図を参照願います。

仕上り巾

仕上り丈(掃き出し窓の場合)

仕上り丈(腰窓の場合)

カーテンレールの採寸は市販の金属メジャーを用い、両端のキャップストップ(レールカバー)の穴を基準に測ってください。

総丈とは生地全体の長さのことです。また、カン下とはランナーの穴から生地の下までの長さを示しています。

3.フックの種類と開け方をご指定ください。

 

[例:Aフック 両開き]

●フックの種類は2種類(Aフック・Bフック)あります。吊り元のレールに合わせてお選びください。
●カーテンの開け方は窓の形に合わせてお選びください。縦長の窓には片開きのカーテンをおすすめします。

4.窓数とタッセルの本数をご指定ください。

[例 1箇所 タッセル2本]

●タッセルは、特に指定がない場合、図のような標準タッセル(舟形タッセル)の仕様になります。
(ドレープのお仕立上り価格表にはタッセル代を含んでいます。)

標準タッセル(舟形タッセル)
カーテンの共生地で作成するタッセル

5.カーテンの縫製仕様(グレード)

 

●標準仕様(約2倍ヒダ)
3つ山ヒダ
サンゲツ標準仕様

●約1.5倍ヒダ
2つ山ヒダ

●フラット(ヒダなし)
約1倍

6.プリーツ比較

 

LP仕様・SA仕様の施工可否はカタログをご参照願います。
LP仕様(形態安定・ライトプリーツ)、SA仕様(形状記憶・パーマネントプリーツ)、SS仕様のプリーツの仕上りの比較は下記の様になります。

●LP仕様(形態安定・ライトプリーツ)
LP加工 3つ山 約2倍ヒダ

●SA仕様(形状記憶・パーマネントプリーツ)
SA加工 3つ山 約2倍ヒダ

●SS仕様(プリーツ未加工品)
SS加工 3つ山 約2倍ヒダ